【京都市伏見区】横大路の果て、有形文化財にも登録されている立派な日本家屋がcafeとしてオープン予定。

横大路に来ております。ちょうど桂川と鴨川が合流する場所。写真左手に見えるのは羽束師橋ですね。ここからくるっと後ろを振り向くと見える立派な日本家屋。裏には蔵もあるんでしょうか。築何年なのかはわかりませんがとても丁寧に手入れされています。前に回り込みます…!瓦が綺麗…。こちらは横大路草津町にある「藤田家住宅主屋」です。この有形文化財にも登録されている建物がもう間もなくcafeとしてオープンするらしいのです。「権十郎cafe」として2022年12月上旬オープン予定。

アクセスは車か自転車が良いかと思います。建物のお隣には専用駐車場あり。下鳥羽から続く千本通りを南に一直線なのですがこの道路は車同士すれ違う際にちょっと徐行しないとな…ぐらいのやや狭路。この駐車場の入り口を見逃さないように…!この建物の歴史なんかも教えてもらえたりするのでしょうか。桂川を眺めているとこの辺りの歴史が気になってきました。オープンが楽しみですね!場所はこちら↓

2022/11/17 00:30 2022/11/17 00:30
まえちん

号外NETゲームポータル

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

ジモネタ伏見区

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集