【京都市伏見区】醍醐地区の象徴、パセオダイゴローという施設を今 熱く語ってみる。

筆者はどちらかというと桃山・深草エリアが活動拠点でして同じ伏見区でも醍醐地区はひと峠越える意気込みでいつも向かうのですが(伏見区がそれだけ広いということです)久しぶりにパセオダイゴローにゆっくり行かせてもらって感想はこれ、「こんなに主要施設がぎゅっと詰まった完璧な施設ある!?」です。パセオダイゴローとは。まず西館・東館に分かれており、しっかり連絡橋で繋がっております。地下にはもちろん地下鉄東西線が走り、バスも施設1階に乗りつけてくれるのです。パセオダイゴローをひとことで言うと「複合施設」なんですが複合具合が完璧すぎます。西館は地下3階、地上6階建でメインテナントはヤマダ電機。他にも本屋さんや100円ショップなども入居しておりレストラン街もあります。その他、図書館・体育館・交流会館・障害者生活支援センター、医療ゾーン・さらには郵便局!スポーツクラブとカルチャーセンター・音楽教室まであるからありとあらゆる習い事もここで完結!前回記事にも出てきました東館はと言いますと「アル・プラザ醍醐」棟です。このアルプラザ内にもテナントがたくさん入っており食品はもちろんのことフードコート、花屋、衣料から暮らしの必需品まで・・・もうなんでも揃う気がしてきました。もちろん西館、東館ともに駐車場&駐輪場完備。すごくないですか?醍醐地区の皆さんの「暮らし」の全てがここに詰まっています。最近では醍醐地区の新型コロナワクチン集団接種会場もここ、ダイゴローでした。このずらり並べた施設全てが雨に濡れずして利用できるなんて!(連絡橋渡る時だけ濡れます。)一旦緊急事態宣言も解除され、ダイゴロー内のテナントさんも一部短縮営業を継続しながらも元通りになりつつあります。ずっと中止となっていた「ダイゴローの手作り市」も7月は開催されますよ!しかも5日間!!(西館アトリウムにて)。これから夏休み期間に入りますが「ここにくれば誰かに会えそうな気がする」的な場所があるのは良いですね。醍醐に住む方々がすごく羨ましくなってしまった筆者なのでした。パセオダイゴローの場所はこちら↓

2021/07/15 09:50 2021/07/15 09:50
まえちん
ジモネタ伏見区
号外NET他の地域

編集部スタッフが読んでよかったと思う地域ニュース:トピックス

スマホで号外NETを簡単に見る方法とは?

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集